スズキ印のディーゼルカー、天竜浜名湖鉄道に登場 バイク「KATANA」列車あらわる

浜松市に本社を置くスズキと、同市内などを走る天竜浜名湖鉄道がコラボレーション。大型バイク「KATANA」のラッピング列車が登場しました。デザインはスズキの二輪デザイン部が担当。スズキの鈴木社長が出発合図を送っています。

駅名も「KATANA(フルーツパーク)駅」に

 スズキの大型バイク「KATANA(カタナ)」のラッピング列車が2019年9月15日(日)、天竜浜名湖鉄道(天浜線)に登場しました。

 静岡県浜松市に本社を置くスズキと、同市内などを走る天浜線がコラボレーションしたもの。同日に、天浜線沿線の「はままつフルーツパーク時之栖」で開催されたスズキのユーザー向けイベント「KATANA Meeting 2019」に合わせて、運行を開始しました。

Large 190918 katana 01

拡大画像

ライダースジャケットを着て「KATANAラッピング列車」へ出発の合図を送るスズキの鈴木社長(2019年9月15日、小林俊樹撮影)。

 この日、天浜線の天竜二俣駅で行われた出発式には、スズキの鈴木俊宏社長が登場。「KATANAラッピング列車」へ出発の合図を送っています。

 また、イベント会場最寄りの天浜線フルーツパーク駅もその日、1日だけ「KATANA(フルーツパーク)駅」に改名。イベント参加者だけでなく、鉄道利用者にもコラボがアピールされました。

【画像】バイク×ディーゼルカー!「KATANAラッピング列車」のデザイン

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント