ホンダ「N-BOX」10周年で電動パーキング全車標準に! ACCは渋滞追従ついた 144.8万円~

今日で10周年です!

N-BOXとNシリーズ10周年

Large 211216 nbox 01

拡大画像

N-BOX Custom STYLE+ BLACK(画像:ホンダ)。

 ホンダは2021年12月16日(木)、軽自動車「N-BOX」を一部改良し、明日17日(金)から発売すると発表しました。

 今回は、ユーザーからニーズが高かったというートブレーキホールド付電子制御パーキングブレーキを新たに全車標準装備。また、これに合わせて「Honda SENSING」のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、渋滞追従機能付ACCへと進化させ、高速道路における渋滞時などの運転負荷軽減を図ったといいます。

 12月16日をもって、初代N-BOXの発売から10年が経ちました。これを記念し、新たにN-BOXなどのNシリーズにカスタムグレードとして「N STYLE+」を設定するとのこと。第一弾として、ブラック塗装の専用アルミホイールなどを装備した「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」が新たに発売されます。

 なお税込価格は、N-BOXが144万8700円から、N-BOX Custom STYLE+ BLACKが192万9400円からです。

【了】

【やっと!】N-BOXの電動パーキングブレーキと新グレードを写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント