さらば「北海道の名機」! HACの「サーブ340B」最後の日 格納庫で密かなお別れ会

道内の地域間輸送を20年以上支え続けた「小さな英雄」でした。

1998年に運航開始

 2021年12月26日のJL2740便(函館→札幌丘珠)をもって商用定期便の運航を終えたJAL(日本航空)グループの地域航空会社、HAC(北海道エアシステム)のターボプロップ旅客機「サーブ(SAAB)340B-WT」。ラストフライトを終えた26日昼、拠点となる丘珠空港内のHAC格納庫で、密かに社員によるこの機の“お別れ式”が実施されています。

Large 01

拡大画像

HACのサーブ340B-WTを清掃する様子(2021年12月26日、乗りものニュース編集部撮影)。

 HACのサーブ340B-WTは、1998(平成10)年から運航開始。計3機体制で道内路線を中心に23年間ものあいだ飛び回りました。席数は36で、JALグループで最小の旅客機です。HACでは2021年11月をもって、後継主力機となる欧州ATR社製のATR42-600の導入が完了。サーブ340B-WTはこれと入れ替わる形で退役します。

 最後の1機として定期旅客便ラストフライトを担当した2号機(機番:JA02HC)は最終定期便のフライト終了後、格納庫に移動。ここで整備士やCA(客室乗務員)をはじめとする同社のスタッフの手によって、機体の清掃が実施されました。外装を雑巾を使って汚れを拭き取るのはもちろんのこと、客室の座席や、コックピット、化粧室に至るまでもくまなく掃除しました。

 その後、きれいになった同機の外装に描かれたのは社員による手書きのメッセージ。「ありがとう」はもちろん「北海道の名機」といったメッセージも、機体前方左側に記されています。

 なお、同機は今後、再整備地である鹿児島空港まで向かう予定です。

【了】

【丹念!】HAC社員の思い詰まった「別れの清掃とメッセージ記入」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント