距離13km弱 ユニークすぎる「日本最短航空路線」の機内とは RAC南大東~北大東線に乗った

JALグループのRACが運航する北大東~南大東線は、距離にして13km弱、フライト時間に至っては10分に満たないこともある「日本最短航空路線」です。実際にその路線に搭乗してきました。機内の様子も普段のフライトとは違います。

東京駅~羽田空港の距離を定期便でフライト

 日本最短の航空定期便が、沖縄本島からさらに約400km離れた絶海の離島に存在します。JAL(日本航空)グループで、同県を拠点とする地域航空会社、RAC(琉球エアーコミューター)が運航する、北大東~南大東線です。

 

Large 210127 daitou 01

拡大画像

南大東空港を出発するRACのボンバルディアDHC8-Q400CC(2020年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

 南大東~北大東線は、1997(平成9)年10月に開設。この2空港間の直線距離は13km弱で、この距離は、東京駅から羽田空港とほぼ同程度です。時刻表上の所要時間は20分。もちろんこの時間は地上走行などを含めたもので、実質的な飛行時間、すなわち空中滞在時間となると、10分にも満たないこともある「超ショートフライト」といえるでしょう。2020年12月、この路線に実際に乗ることができました。

 この路線で使用される飛行機は、50席を配するターボプロップ機、ボンバルディアDHC8-Q400CCです。機番末尾の「CC」は「カーゴコンビ(貨客混載型)」を意味しており、胴体後方約3分の1のエリアが貨物室というユニークなレイアウト。国内航空会社ではRACのみが導入しているモデルで、「多くの島々で構成された沖縄圏域のお客さまのご移動のみならず貨物輸送にも優れた輸送能力を持つ機材」(RAC)としています。

 搭乗したのは、2020年12月の南大東発、北大東行きの835便。北大東到着後、この飛行機は、848便として那覇空港へ向かいます。座席は会社員らしき人達でほぼ満席の状態。とある島民によると、「12月は年末の公共工事が入っている関係で、特に業者さんが多い」のだそうです。

写真でサクッとで見る「日本最短航空路線」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント