トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」発売 顔のデザイン真逆! “王道”と“独創”

出っ張ったデザインとへこんだデザインに!

ステップワゴン迎撃! ノア/ヴォクシー新型

 トヨタは2022年1月13日(木)、ミニバンの新型「ノア/ヴォクシー」を発売しました。

Large 220113 noavox 01

拡大画像

新型ノア(左)とヴォクシー(画像:トヨタ)。

 兄弟車の新型は、ノアのデザインが全体的にはキープコンセプトとなった一方で、ヴォクシーは大きく変化。トヨタが「ミニバンの王道をいくノアと独創的なヴォクシー」と表現するほどです。

 ノアはメッキのフロントグリルが前面に張り出した形です。「フロントは一括りの明解なアイコンと、外板色であしらった面勝ちのグリルや切れのあるランプグラフィックで、堂々かつモダンなスタイル」としており、エアロモデルはアグレッシブさを表現したといいます。

 一方のヴォクシーは、前面のキャビンより下は全面的にエアロパーツに。「ラウンディッシュな薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせによってコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現」としています。ノアはフロントのメッキパーツが出っ張っていますが、ヴォクシーは凹んだ感じになり、両車の違いが明確に分かれました。

 もちろん機能面にも新機軸が多数。バックドア開閉時、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」は世界初採用だそうです。ラゲッジ容量は104Lを確保し、スーツケースや高さのあるものの収納に便利な床下収納スペースもあるといいます。

 先進装備では、「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」など、運転の状況に応じたリスクの先読みを行うことで、ステアリングやブレーキ操作をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」をトヨタで初採用しています。

 パワートレインは1.8L直列4気筒DOHCエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムと、2.0Lダイナミックフォースエンジン(ガソリン)の2種類。ハイブリッドモデルはクラストップレベルのWLTCモード走行燃費23.4km/Lだそうです。

 価格はノアが267万円から、ヴォクシー309万円から(いずれも税込)となっています。1週間前に発表されたホンダ「ステップワゴン」新型と、販売競争を繰り広げそうです。

【了】

【新型ノア/ヴォク 画像でたっぷり】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント