伝説の超音速旅客機「コンコルド」、どれだけ速かったのか? -1976.1.21に就航

ブリティッシュ・エアウェイズとエールフランス、2社から同日デビューでした!

ニューヨーク→ロンドンで3時間切り

 イギリス・フランスで共同開発された「コンコルド」は、長きにわたり定期旅客便に就航した世界唯一の超音速旅客機として知られています。この機の旅客便初フライトが、1976年1月21日に実施されました。

Large 01
フランス・トゥールーズに展示されているエールフランス航空の「コンコルド」(乗りものニュース編集部撮影)。

 コンコルドを導入した航空会社はBA(ブリティッシュ・エアウェイズ)とエールフランス航空の2社。1月21日にBAはロンドン~バーレーン線へ、エールフランスはパリ~ダカール経由~リオデジャネイロ線へ、同機を就航させました。

 コンコルドの全長は62.19m、翼幅は25.56m。巡航速度はマッハ2(時速にして約2200km)が打ち出されました。2社で7機づつ、計14機が導入されていまあす。

 BAによるとコンコルドの最速大西洋横断記録は1996年2月7日のニューヨーク発ロンドン行きで、2時間52分59秒でフライトしたそうです。ちなみに2022年現在、同路線の時刻表上における飛行時間は6時間55分です。

【写真】窓も席もコンパクト! 「コンコルド」の客室に潜入

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント