秋田新幹線を「新潟回りで代替」特急「いなほ」が秋田まで臨時快速運転

乗り換え1回で東京~秋田を結びました。

東北新幹線の一部運休をうけた措置

Large large 200806 ltdexp 03
特急「いなほ」(画像:写真AC)。

 JR東日本は2022年3月17日(木)、新潟~酒田間で運転される特急「いなほ」について、午後の1往復を臨時で運転延長。酒田~秋田間を臨時快速として走りました。

 これは、16日深夜の東北地方の地震により東北新幹線で運休が続くなか、東京~秋田の鉄道輸送ルートを確保するため、上越新幹線~羽越本線経由で利用できるようにする措置です。

 新潟発の「いなほ5号」は14時43発に酒田を快速として出発。途中、遊佐・象潟・仁賀保・羽後本荘に停車し、16時07分に秋田に到着予定です。「いなほ10号」は秋田を13時ちょうどに出発。同じ停車駅で、14時28分に到着しました。

 これにより、「東京10時16分発、秋田16時07分着」「秋田13時ちょうど発、東京19時ちょうど着」という、乗り換え1回だけの乗り継ぎルートが、臨時で確保されました。

 この臨時快速はグリーン車や指定席の設定はありません。なお、「いなほ5号」「いなほ10号」とも、新潟駅では同一ホーム上で上越新幹線と乗り換えが可能となっています。

 東北新幹線は福島~白石蔵王間で高架の損傷などが発生し、運転再開のめどは立っていません。この特急「いなほ」の18日以降の延長運転の実施については、JR東日本新潟支社は「現時点で、まだ運転計画は未定です」としています。

 ちなみに、特急「いなほ」に使用されるE653系電車が羽越本線を快速列車として走るパターンは、かつて夜間の村上発新潟行きに設定されていました。ライナー列車「らくらくトレイン村上」が村上に到着後、新潟へ引き返す際に普通車へ転用したものですが、2021年のダイヤ改正で廃止となっています。

【了】

★18日以降の運行情報については関連記事をご覧ください

テーマ特集「【随時更新】東北地方の地震による交通機関への影響」へ

【「いなほ」延長運転!臨時快速のダイヤとルートを見る】

最新記事

コメント