江戸川区にコミバス運行へ 小岩駅から「バス空白地帯」上一色・興宮町むすぶ

環七と新中川に挟まれたエリアに新路線です。

1日20本運行

Large 220319 keisei 01

拡大画像

京成バスのコミュニティ路線用車両(画像:京成バス)。

 京成バスは2022年3月25日(金)、東京都江戸川区のJR小岩駅から上一色地区や興宮町地区をむすぶバス路線を実証運行すると発表しました。運行開始は4月1日(金)です。

 この路線は小岩駅南口を発着。いったん小岩駅北口を経由し、鹿本通り~辰巳新橋通りを経て新中川の西岸へ。興宮町地区を過ぎると鹿本中学前交差点で鋭角に向きを変え、環七通りを北上し、上一色の住宅街を抜けて、再び小岩駅へ戻ります。

 これらの地区への既存バス路線は、小岩駅を発着する都バス「錦27」と京成バス「SS07」が鹿本中学校バス停へ、また新小岩駅を発着する都バス「新小20」、亀有駅を発着する京成バス「SS08」が環七通りの上一色中学校バス停へ乗り入れますが、本数も多くなく、交通空白地帯とされていました。

 新たにコミュニティバスとして運行される「上一色周辺地区コミュニティ交通」は1日20本。運賃はおとな220円で、京成バスなど一日乗車券は使えません。一周の所要時間は30分です。実証運行は12月末までの予定です。

【了】

【新路線のルートとダイヤを見る】

最新記事

コメント