成田への最短路「北千葉道路」外環道接続なるか 「市川・松戸」国の調査結果まとまる

東京方面から成田空港への最短ルートとなることが見込まれている国道464号「北千葉道路」の未事業化区間について、国が一部区間の調査結果をまとめました。外環道から既存区間のあいだは、すでに都市化も進んでいますが、どのような道路になるのでしょうか。

「成田への最短路」最後のピースは埋まるか

 国土交通省関東地方整備局 首都国道事務所が2021年2月26日(金)に、国道464号「北千葉道路」の未整備区間「市川・松戸」の事業化に向けた調査結果を千葉県に送付しました。

 北千葉道路は千葉県市川市から成田市に至る約43kmの幹線道路で、外環道と成田空港を最短で結ぶルートとして計画されています。そのうち、北総線および成田スカイアクセス線に沿う鎌ケ谷市から成田市にかけての29.5kmが開通済み、そこから成田空港付近までの3.7km区間も建設が進められています。

Large 210303 kitachiba 01
北総線に沿う北千葉道路の既存区間(画像:photolibrary)。

 しかし、東京側の市川市から既存区間(鎌ケ谷市)までのあいだは、すでに都市化していることもあり事業化されていません。

 今回、県に送られた調査結果は未事業化区間の東京側、外環道の北千葉JCT(仮称、市川市堀之内)から、市川市大町までの区間で、自動車専用部1.9km、一般部3.5kmを対象としたものです。

【画像】北千葉道路「市川・松戸」調査結果の概要

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 道路の上にメガソーラーを…?

  2. 国道464号鎌ヶ谷市内のN字型は、どうにかならなかったのかな。
    くぬぎ山から白井に行きたいだけなのに遠回りと、最混雑区間と、無駄な踏切を強いられる(踏切は無くなったが)。
    一般道と有料を一緒に作ると余計に時間かかるから、一般道だけでよかったのに。