首都高のPA大拡張「川口ハイウェイオアシス」見てきた! 子供が興奮「関東最大級の遊び場」

首都高の川口PAが拡張、「川口ハイウェイオアシス」に生まれ変わります。従来規模の2倍になり、一般道側の公園と一体化。ハイウェイオアシス内には、「関東最大級の屋内遊具施設」もオープンします。

PAから里山が広がる! 川口ハイウェイオアシス

 首都高の川口PA改め「川口ハイウェイオアシス」が2022年4月25日(月)9時に開園します。それに先立つ24日(日)に内覧会が行われました。

Large 220424 kawaguchi 01

拡大画像

川口ハイウェイオアシス(中島洋平撮影)。

 S1川口線の川口PAが、川口市の公園「イイナパーク川口」と一体化します。イイナパーク自体は以前から部分開園していましたが、ハイウェイオアシスとなることで、一般道からだけでなく、首都高を降りずに公園へアクセス可能となります。

 ハイウェイオアシスとは、高速道路の休憩施設と都市公園などとを一体的に整備する事業で、全国の高速道路で増えていますが、首都高では初めての事例です。

 川口PAは従来から首都高のPAのなかでは大きいほうだったものの、今回は駐車場が2倍に拡張されました。飲食店などの店舗は拡張した公園側のエリアに移動しているほか、トイレは従来箇所と拡張エリアの2か所になります。

 イイナパーク川口は、歴史自然資料館や“里山の雑木林”“トンボ池”といった環境学習の場もあり、ハイウェイオアシスから見える光景は「広い!」の一言。外環道の高架を背景に、里山の景色と、子供が遊び回る公園を一望できます。

 そして、ハイウェイオアシスの目玉といえるのが、関東最大級子の屋内遊具施設「アソブーン」です。同様の屋内遊具施設を各所で運営しているボーネルントのプロデュースで、赤ちゃんから小学生まで、それぞれの年代に合わせたコーナーが設けられています。

 ちなみに、川口ハイウェイオアシスがあるのは上り線なので、下り線からは利用できません。この近くの上り線側では、2019年に移転オープンした東北道の蓮田SAも人気ですが、川口JCTを過ぎた首都高側にも新たなスポットがオープンすることになります。

【了】

【便器もご当地モノが!】川口ハイウェイオアシスの全貌 写真で見る

最新記事

コメント