モビルスーツにアタマ必要? 宇宙戦艦に艦橋なぜある? 『ガンダム』宇宙で「上下」あるワケ

無重力空間である宇宙には上下という概念は必要ないはず。しかし人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する宇宙兵器は、艦艇もモビルスーツも上下対称のものはほぼ存在せず、かつ敵味方が上下逆に遭遇することもありません。

宇宙空間なのに皆同じ方を向いているワケ

 一般的に考えるなら、宇宙に「上下」はありません。地球に帰還するスペースシャトルには「上下」はありますが、アポロ宇宙船やH-IIAロケットは前後で形が違っても、上下方向では対称です。しかしアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する宇宙艦艇やモビルスーツ、宇宙戦闘機などには、明確に「上」となる方向が設けられています。

Large 220422 space 01

拡大画像

海上自衛隊の最新護衛艦「くまの」の進水式の様子。アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する宇宙戦艦なども、実際の軍艦と同じように艦橋構造物を有している(画像:海上自衛隊)。

 艦艇なら艦橋がある方が「上」、モビルスーツは頭がある方が「上」、といった具合です。この上下は厳密に守られており、ミノフスキー粒子でお互いを見失った敵味方が、不意に上下逆に遭遇したりはしません。逆向きにガンダムとザクが遭遇し、お互いが相手の頭部を狙ってビームサーベルとヒートホークを振り回したりはしないのです。

 もちろん「そんな戦いは画面映えしない」という、アニメーションとしての理由があるでしょう。とはいえ「上下対称」な宇宙艦艇が出てくることもないため、ガンダムの世界では「宇宙戦でも意識して上側を設けた設計をしている」と思われます。なぜでしょうか。

【宇宙、大気圏内、水中まで】三次元に動くのに上下の概念がある乗りものたち

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

9件のコメント

  1. ネェル・アーガマには、表裏両面のカタパルトがあるので、上下逆さまに発進するMSがあるのでは?

  2. おもしろい解釈でした。
    それで思ったのが、座標軸を無視して戦場に切り込む特殊作戦部隊があってもいいですね。

  3. 宇宙空間はともかく、月面やコロニー、大気圏内は重力があるから上下は必要ですよね。

  4. 初代ガンダムではマゼラン艦の下面に立って待機している様子もありますね。
    飛び立ったら反転しているのかもしれないですね。

  5. Vガンダムのリシテア級巡洋艦、アマルテア級戦艦は上下対称ですし、スクイード級戦艦は上下左右対称なので、必ずしも「上下対称な宇宙艦艇が出てくることもない」ということは無いと思います。

    • 先ほどの投稿、リシテア級ではなくカリスト級巡洋艦の間違いでした。

  6. 実際にはモビルスーツや戦艦が
    上下逆に出会うことは当然起こる。
    しかしアニメーションでそれをいちいち表現していたのでは見ている方が混乱してしまうので、上下揃って登場したとしても、それは視聴者のことを考えた上でのこと。
    そこは想像でよろしく。
    それと、モビルスーツや戦艦の
    戦闘シーンで宇宙空間では爆発音や衝撃音は聞こえないし感じないかもしれないが、自機の爆発音、衝撃音は当事者なら聞こえるし
    感じる。制作側はその音を表現
    している。視聴者はその音を聞いている。
    と思えば。そこも想像でよろしく。
    アニメは皆さんのご協力によって
    成り立っております。

  7. IGLOO見たこと無いのかな?
    逆さまでも射撃してるよ?

  8. リアルに近づける取り組みは見られますが
    まだまだ一部です。皆様のご協力を。