「国鉄の香り石鹸」一新 “国鉄車両の車内のにおい”更にさわやか おしゃれな箱に国鉄愛

国鉄を知らない人にも人気だとか。

世界初「鉄道テーマの石鹸」調香から一新

 世界初という「鉄道をテーマにした石鹸」、「国鉄の香り石鹸」がリニューアル。2022年4月27日(水)より各種ネットショップで発売されました。

Large 220427 sekken 01

拡大画像

国鉄の香り石鹸6個入りギフトボックス(画像:ビイエルテイ)。

 この石鹸は合同会社ビイエルテイ代表の高橋 竜さんが立ち上げたブランド「COQTEZ」の商品として、「国鉄の香りルームフレグランス」に次ぎ2019年に発売。昔の国鉄車両に乗ったときに感じられる、「少し鼻をつく、何ともいえない独特のにおい」(高橋さん)を再現したものです。

 その実態は、車内の消毒剤のにおいだそうですが、正確な成分がわからないなかで、天然素材により再現したのが「国鉄の香り」です。今回は新たに調香し、「あの国鉄車両の懐かしい消毒剤の匂いのイメージはそのままに、さわやかな印象の香り」になったといいます。

 新発売の商品は、ギフトボックスに入った6個入りと2個入り。6個入りのギフトボックスは国鉄103系電車の運転台の色を基調とし、中の商品はそれぞれ、103系電車の色を使った6つの箱に収まっています。

 ギフトボックスに刻まれた6つの◎マークは、103系電車の屋根上のベンチレーターに着想を得たもの。「Let us cherish what we received from the Above.」のメッセージは、「お天道様から頂いたものは大切にしなければいけませんね」という意味で、103系電車開発時に島 秀雄技師長が当時の担当設計者に語った言葉だそうです。

 2個入りの小さなギフトボックスは、それぞれ寝台特急と急行をイメージした流れ星デザインの化粧箱に石鹸が収められています。

 値段は6個入りが7800円、2個入りが2700円、単品は1個1300円での販売(いずれも税別、送料別途)。アマゾン、メルカリのほか、JR東日本のJREモールでも取り扱っています。なお、国鉄をテーマにした新たな香りや、その香りを生かした製品も開発しているそうです。

 なお、売上の一部は福岡県で保存されている国鉄20系寝台先頭客車、ナハネフ22 1007の修復基金として拠出されます。

【了】

【イメージは通勤電車】箱に込められた意味の数々 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント