「ハワイ特化型の機内食セット」羽田空港公式通販サイトで販売 本物の機内食会社が製造

どれも「トロピカル機内食」な感じ!

「世界の機内食シリーズ」第7弾

 羽田空港のターミナルを運営する日本空港ビルデングは、2022年4月27日から、公式通販サイト「HANEDA Shopping」上で、関連会社のコスモ企業が製造する機内食セット詰め合わせの新商品を数量限定で販売しています。

Large 01
日本空港ビルデングなどが発売した「世界の機内食シリーズ」の第7弾(画像:日本空港ビルデング)。

 新商品はハワイをクローズアップしたメニュー構成。有名なハワイの郷土料理「ロコモコ」をはじめ、バーベキュー風チキン料理「フリフリチキン」、DOMBURI(ドンブリ)スタイルのサーモンディッシュ「サーモンモコ」の3種類が2食ずつ、計6食のセットで販売されます。価格は税込6000円です。

 今回の商品は2社が展開している「世界の機内食シリーズ」の第7弾にあたります。日本空港ビルデングは、「ハワイの雰囲気を感じながら、夏に向け一足先に常夏気分をお楽しみください」としています。

 コスモ企業は、成田、羽田空港を拠点とし、カタール航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ニュージーランド航空などに機内食を提供しているとのこと。1952(昭和26)年創業で、国内で数少ない非航空会社系列の独立したケータリング事業者といいます。

【了】

【説明がソソる…!】「トロピカル機内食」各メニューの詳細

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント