どんな関係? シンガポール航空が機内で『ウルトラマン』放映へ 「ウルトラ・セツゾク」なる企画も

「ウルトラ・セツゾク」、地味に利便性高そう!

バウチャーは、羽田、成田、中部、関西、福岡の5空港で

 シンガポール航空日本支社が、日本のシンガポール政府観光局と円谷プロダクションとのコラボレーションによる、特撮作品『ウルトラマン』をフィーチャーした新キャンペーン「シンガポール航空で、ふたたびシンガポールへ。」を開始します。

Large 01

拡大画像

シンガポール航空機(乗りものニュース編集部撮影)。

 同社では、7月1日より『ウルトラマン』の映画やテレビ番組シリーズなどを機内で放映する「ウルトラ・エンターテインメント」を展開します。また、シンガポールへ出発する同航空グループのリワードプログラム「クリスフライヤー」会員に対し、機内Wi-Fiが3時間無料になるバウチャーカードをプレゼントする「ウルトラ・セツゾク」を実施。このバウチャーは、羽田、成田、中部、関西、福岡の5空港で先着100名、計500名に配布されます。

 シンガポール政府観光では、日本とシンガポールの外交関係樹立が2021年で55周年となったことを踏まえ、テレビ放送開始55年を迎えた円谷プロダクションのウルトラマンとコラボレーション。今回のキャンペーンは、2者の企画にシンガポール航空も加わったものとのことです。

【了】

【画像】SQ×『ウルトラマン』のキャンペーン・イメージが、あまりにシュール過ぎる件

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント