「スーパー林道」ハードル高い? 「白山白川郷ホワイトロード」走ってわかった改名の理由

石川県・岐阜県境の山地を駆け抜ける「白山白川郷ホワイトロード」は、涼をとりに出かける人も多いというドライブコース。かつては「白山スーパー林道」と呼ばれていましたが、改名の“理由”を走って実感しました。

平地より圧倒的に涼しい!山脈を駆け上るドライブウェイ

 日本列島の各地でうだるような猛暑が続いていた2022年6月末、石川県と岐阜県にまたがる観光道路「白山白川郷ホワイトロード」は、県外ナンバーのクルマで賑わいを見せていました。2015(平成27)年に改称されるまでの名称であった「白山スーパー林道」の名前で覚えている方も多いでしょう。

 全長約33km、約850mの高低差がある沿道は平地より気温が7~8度ほど低く、ドライブがてら涼みに来る人が少なくありません。サイドウィンドウを全開にしてアクセルを踏み込むと、冷たく潤った山の空気が車内になだれ込み、金沢市や白山市の市街地ではシートを濡らすほどだった汗が、すっと引いていきました。今回は石川県側からホワイトロードを走り、岐阜県白川村・白川郷へ抜けていきます。

Large 220708 white 01

拡大画像

白山白川郷ホワイトロード、石川県側の中宮料金所(宮武和多哉撮影)。

 2県にまたがるホワイトロードの周辺地域は平野部の猛暑が厳しく、特に金沢市、小松市などの加賀平野(金沢平野)では低気圧の通過後に起きる「フェーン現象」などで最高気温が30度台後半まで上がることも。しかし白山の山なみに向かって車を走らせていると、少しづつ空気が冷たくなっていきます。道路脇の用水路に勢いよく流れる冷たい水は、山なみから手取川に流れ込む水の恵みを物語っているかのようです。

 ホワイトロードの入り口である白山市瀬女(せな)地区は、冬場にはスキー場が営業するほど、平野部と気候が異なります。なおホワイトロードは雪で閉ざされる期間も長く、例年の営業期間は6月から11月後半まで。営業開始とともに待ち構えたように訪れる人も多いそうです。

 さらに山へ分け入り、1200年もの歴史がある中宮温泉の入口を通過し、「中宮料金所」からいよいよホワイトロードへ入ります。流紋岩、玄武岩などの溶岩からなる険しい岩肌がそそり立つ崖の下を上り、峠を目指していきます。

【滝好きには天国!】白山白川郷ホワイトロードの地図&絶景! 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ワタシも愛車のプレオプラスで行きたいですね。

  2. Porsche Boxster-Sの幌をオープンにして、白川郷から金沢へ家内と二人でドライブしました。
    10年ほど前のことですが、五箇山合掌集落に泊まり、白川郷を見学、白山恐竜パークと周り、金沢の娘の近くの宿で評判の日本食をとり宿泊、小松で和菓子を手にいれて関西に帰りました。
    白山スーパー林道はとても爽快な景色が堪能でき、運転の楽しみも味わえるところでした。
    ハイパワーのスポーツカーを還暦前に味わおうと手に入れ、妻と二人で西日本のあちこちにドライブして、観光旅行を堪能、毎週のように遠出のドライブ、楽しい思い出です。