東北の鉄道 大雨の被害状況&運行情報まとめ 山形新幹線5日も不通 秋田~青森2ルート寸断

被害の全容把握にも相当な期間を要するようです。

8月5日の運行計画は

 2022年8月3日からの大雨の影響により、東北や新潟の鉄道で大きな被害が出ています。JR東日本などの発表によると、5日(金)以降も運転を見合わせる区間は次の通りです。

Large 220804 tohoku 01
磐越西線 濁川橋梁が流出した(画像:JR東日本)。

・山形新幹線 福島~新庄
・奥羽本線 庭坂~赤湯
・磐越西線 会津若松~野沢(終日)、野沢~馬下間(16時頃まで)
・米坂線 全線
・羽越本線 新発田~村上(終日)、村上~あつみ温泉(16時頃まで)
・奥羽本線 東能代~大館(バス代行あり)
・五能線 岩館~深浦
・IGRいわて銀河鉄道 いわて沼宮内~二戸
・山形鉄道フラワー長井線 全線

 これ以外の路線でも、列車の本数を減らして運行する区間が多数あります。なお代行バスは奥羽本線 東能代~大館間を除き設定されていません。

 線路施設への被害も深刻です。磐越西線の喜多方~山都間では橋梁が流出し、当面の間運転見合わせとなりました。五能線でも橋梁の損傷が確認されており、復旧に10日前後を要する見通し。秋田県内は奥羽本線の下川沿~大館間でも路盤が流出しており、秋田と青森を結ぶ2ルートが寸断されています。

 また、山形新幹線の列車も走る奥羽本線の置賜~高畠間でも路盤が流出しており、復旧作業が進められています。

 線路の被害は今後、さらに発見されていくと予想され、長期の運休を余儀なくされる区間も出てきそうです。

【了】

テーマ特集「【随時更新】東北・北陸地方の豪雨による交通機関への影響」へ

【写真】明らかになってきた被害状況

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 流出じゃなくて流失なのでは。