渋谷から秋田へ 絆の証となった東急「青ガエル電車」の今 そばにはハチ公と廃線跡も

渋谷駅のハチ公前広場に置かれていた元東急5000系電車、通称「青ガエル」は2020年8月に撤去され、秋田県大館市の地に移りました。現在はどのような姿で展示されているのでしょうか。

渋谷から去った「青ガエル」の現在は

 2020年8月まで渋谷駅のハチ公前広場で展示され、待ち合わせ場所としても親しまれてきた元東急5000系電車、通称「青ガエル」。現在は秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」に移設されています。

Large 210805 akita 01

拡大画像

秋田県大館市の「秋田犬の里」に展示されている元東急5000系電車(乗りものニュース編集部撮影)。

 丸みを帯びた下ぶくれの前面形状がユーモラスな「青ガエル」は、1954(昭和29)年に東急東横線で運用開始。大井町線や田園都市線などでも活躍しましたが、1970年代後半から後継車に置き換えられていき、1986(昭和61)年に東急での運用を終了。その後は、長野電鉄や岳南鉄道、熊本電気鉄道をはじめ地方各地のローカル私鉄で「第二の人生」に就きました。

 渋谷駅に置かれていた「青ガエル」は、上田交通(現・上田電鉄)に移籍後、1993(平成5)年に引退。東急へ返還され、しばらく車庫に眠っていた後、再塗装や修繕を施されて2006(平成18)年からハチ公前広場に登場するという「波乱の人生」を送っていました。

 2021年現在で残っている元東急5000系電車は、渋谷に置かれていた車番5001のほか3か所、計6両の保存車両のみとなっています。

【大館の「青ガエル」の現在の姿を見る】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 渋谷区は大変なことをしましたね。
    東急往年の名車を、車両には縁のない大館に移設とか何を考えてるんですかね。
    しかもトップナンバー1号機を足回りを取り、短くして無残な姿にし、渋谷区が管理が出来なくなって大館に送るという…
    本当残念です。