青春18きっぷ不可 盛岡~青森の難関「IGRいわて銀河鉄道」「青い森鉄道」どう抜ける 1日乗車券使えば安く?

東京から「青春18きっぷ」を使って青森に行く際、東北本線の盛岡以北はJRではなくなります。どのように青森へ行くのが良い方法なのでしょうか。

盛岡~青森の「長大私鉄区間」突っ込む?避ける?

 全国のJR普通列車が乗り放題となる「青春18きっぷ」。東京から北上し青森をめざすと、立ちはだかる関門が、「IGRいわて銀河鉄道」と「青い森鉄道」の存在です。

Large 220614 aoi 01
青い森鉄道の青い森701系(画像:写真AC)。

 この2つの鉄道は2002(平成14)年、東北新幹線が盛岡から八戸まで延伸した際に誕生。もともとはJR東北本線の一部でしたが、新幹線と並行する区間がJRの手を離れ、第三セクター鉄道として再出発することとなったのです。

 この盛岡~青森間の「旧東北本線」はJRではなくなったため、青春18きっぷで自由に乗り降りすることができません。追加出費を考慮して乗るべきでしょうか、それとも、何とか避けるべきでしょうか。

青春18きっぷが使える特例も。ただし注意点が

 まず「青い森鉄道」は特例があり、青春18きっぷが条件付きで利用可能です。その特例は「通過利用」の場合。具体的にはJR駅から、八戸・野辺地・青森で乗り換えて、またJRを利用していく場合です。

 青い森鉄道は目時~青森の121.9km。そのうち八戸~青森間96km、運賃2320円分が"タダ"で乗れるわけです。なぜこんな太っ腹なのかというと、その区間に、八戸駅を起点とする八戸線と、野辺地駅を起点とする大湊線がJR線として「取り残されて」いるからです。JR路線の目的地へ私鉄に乗らないと到達できない、という状況への救済策といえます。

 ただし上記のとおり、特例はあくまで先述の3駅で乗り換える「JR→青い森鉄道→JR」といった通過利用のみ。たとえば目時、盛岡方面から青森へ行く場合、乗った全区間の運賃が必要となります(逆方向も同様)。というわけで東京から青森までこの2社経由でまっすぐ行く際、特例は適用されないため、注意しましょう。

 盛岡~青森間の通常運賃は2社通しで大人5590円。しかしこれを少しでも安く済ませる方法があります。

テーマ特集「【2022年】青春18きっぷの便利な使い方! 値段 買い方 期間 特例ルールも紹介」へ

【青森へ到達するルートと「一日で行ける範囲」】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. IGR・青い森鉄道開業20周年記念共同企画
    青森・盛岡ライナーの 運転 7月と9月の3連休に18本運転

    お得な切符
    20周年記念特別企画
    青森割引きっぷ(IGR)
    盛岡割引きっぷ(青い森鉄道)