山形新幹線に新型E8系導入 最高300km/h 全席コンセント 2024年春に営業運転開始へ

JR東日本が山形新幹線に新型のE8系電車を導入します。7両編成17本を新造。最高速度は現行E3系電車の275km/hから300km/hにアップします。電源コンセントの全席導入や大型荷物置き場の設置なども計画されています。

山形新幹線E8系 7両編成を17本新造

 JR東日本は2020年3月3日(火)、山形新幹線に新型車両のE8系電車を導入すると発表しました。

 2022年9月以降落成し、2026年春までに7両編成が17本(119両)新造されます。2024年春から営業運転に順次投入される計画です。

Large 200303 jreymgt 01

拡大画像

山形新幹線に導入するE8系電車のイメージ(画像:JR東日本)。

 現在、山形新幹線に使われているE3系電車の新幹線区間の最高速度は275km/hですが、E8系はE5系電車と併結し300km/h運転を目指します。

 車両は、奥山清行さんが代表を務めるKEN OKUYAMA DESIGNの監修のもと、川崎重工業がデザインを担当。JR東日本によると、最上川の歴史に共通する新幹線がもたらす“豊かさ”、そこから生まれる“風土や人の交流”を促す車両として、「豊かな風土と心を編む列車」をデザインコンセプトにしたといいます。

【画像】「最上川と月山」がテーマの山形新幹線E8系グリーン車

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント