世界最大級の「旅の祭典」4年ぶり東京開催 ”進化した旅行業界”がテーマ どんな展示が?

やっぱり規模が凄い…!

約1000の企業・団体が参加

 2022年9月22日より25日まで、東京ビッグサイトにて全国・世界各地の観光業界企業などが集まる、世界最大級の旅の見本市「ツーリズムEXPOジャパン2022」が実施されます。新型コロナで開催中止を余儀なくされていたこのイベント、開催は2年ぶり。東京開催は4年ぶりとなります。

Large 01

拡大画像

「ツーリズムEXPOジャパン2022」の様子(2022年9月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

「ツーリズムEXPOジャパン2022」は15万人の来場者を見込んでおり、47都道府県のほか、世界78か国・地域から出展します。参加する企業・団体は約1000で、さまざまな国や地域をはじめ、旅行会社や航空会社、鉄道会社などから1200以上の出展ブースが設置されています。

 このイベントでは、新型コロナのパンデミックで人々の価値観の変化をうけ、進化を遂げている観光産業を実体験できるイベントとなっているといいます。今回はとくに「SDGs(持続可能な開発目標)」を意識した構成となっているほか、ワーケーションやアドベンチャーツーリズムなど、新時代にマッチした特集企画の充実を図っているとのことです。

「ツーリズムEXPOジャパン2022」は23日までは業界向けの商談などが実施されたのち、24日、25日は一般公開が予定されています。世界各国の最新の旅情報が入手できるほか、ステージでは、各出展者が観光の魅力を伝えるプレゼンテーションや、本場の伝統舞踊やダンスのパフォーマンスも用意されています。

【了】

【写真】「旅のコミケ」や!「ツーリズムEXPOジャパン2022」の出展エリア

最新記事

コメント