下着すらテイクオフ! 「乗客全裸フライト」の概要 背景は「究極の機内保安対策」?

かつてアメリカでとある旅行代理店が嘘のようなチャーター便を手配したことがありました。この便は乗客が下着ですら脱ぎ捨て、裸になるのです。インパクト絶大ですが、この背景には当時の航空業界特有の問題も関わっていたようです。

乗客が全裸だからこその工夫アリの機内サービス

「自由の国」とも呼ばれるアメリカで、冗談のようなフライトが実際に行われたことがあります。

Large 200717 naked 01
アメリカの象徴のひとつ「自由の女神」があるニューヨーク。2001年にはテロにさらされた(画像:写真AC)。

 2003(平成15)年、チャーターされた1機のボーイング737型機が、マイアミからメキシコまで飛びました。乗客は100人弱とのこと。この便は直訳すると「原則裸の旅行」をコンセプトとする、とある旅行代理店がチャーターしたものです。

 機内では、普段は見られない光景が広がっていたそう。このフライトは、シートベルトサインが外れると服を脱ぐことが許されていました。この「服」は、下着を含みます。

 CNNなど当時の現地メディアの報道によると、担当する乗員は当局の規則に従い制服を着用すること、やけど防止のためドリンクは冷たい物のみ、降下する際の機内アナウンスは乗客に「服を着るよう」説明があったとされています。

 インパクト絶大ともいえるこのフライトですが、裏には当時の事情が関わっていたという論調もあります。

アメリカには「直視できる」レベルの航空会社も

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント