「世界最大のLNG燃料クルーズ船」が竣工 デカさ競争突入? でも「LNG=答え」にならなさそう

クルーズ船の巨大化と、世界的な温室効果ガス削減の動きが進む中、世界最大のLNG燃料船が竣工しました。ただ、すぐに世界最大の座は明け渡される見込み。そして各社とも、“LNGの次”を見据えています。

長さは東京タワー並みでエコ 世界最大のLNG燃料クルーズ船登場

 超大型の豪華クルーズ船も、ついに「LNG(液化天然ガス)燃料」の時代です。スイスの大手船社MSCグループのMSCクルーズが初めて導入するLNG燃料クルーズ船「MSC ワールドエウローパ」(21万5863総トン)が2022年10月25日、建造ヤードの仏アトランティーク造船所で引き渡されました。

Large 221101 msc 01

拡大画像

MSCワールドエウローパ。世界最大のLNG燃料クルーズ船となる(画像:MSCクルーズジャパン)。

 全長は約333mと東京タワーの高さに匹敵。幅は約47m、高さは約68mで、客室数2622室、乗客定員6762人となっています。船内にはバーやコーヒーショップ、ティーハウスなどに加えてクラフトビールの醸造所も置かれており、MSCクルーズでは同船を「洋上の近代都市」としてクルーズ業界の新しいスタンダードを確立することを目指しています。

「MSCワールドエウローパ」は世界最大のLNG燃料クルーズ船であるとともに、MSCクルーズの新ブランド「MSCワールドクラス」の1番船として大きな期待がかけられています。また、2番船でアメリカ市場向けとなる「MSCワールドアメリカ」もすでに起工しています。

「MSCワールドエウローパ」は、主機にLNGとMGO(マリンガスオイル)の両方を燃料として使用できる2元燃料(DF)機関「バルチラ46DFエンジン」を採用しました。LNG使用時は国際海事機関(IMO)の規制基準を全てクリアできるものの、MGOで航行する場合を考慮してNOx(窒素酸化物)排出を90%削減する選択的触媒還元(SCR)システムを搭載しています。

 加えて、陸上から電力の供給を受けられる陸電機能も実装し、必要なインフラが整っている港では、接岸中にエンジンを停止し排ガスや騒音を低減できます。さらに世界初の試みとして、LNGを燃料に使用するSOFC(固体酸化物形燃料電池)を搭載、電気化学反応によって電気と熱を生成し、船内に供給します。

 MSCクルーズは同船を、現代のクルーズ船における燃料電池技術の開発を加速させるためのテストベッドと位置付けており、将来的にはハイブリッド推進ソリューションの開発へとつなげていく考えです。

【脅威のデカさ】世界最大のLNG燃料クルーズ船&次の“世界最大”船(画像)

最新記事

コメント