巨大な円筒形の帆「ローターセイル」が5つも! 32万トン超え大型バルカー就航へ

ブラジル~中国間の鉄鉱石運搬に用いられる予定です。

超大型ばら積み船で起倒式ローターセイル搭載は初

 フィンランドの新興企業ノルスパワーは2021年5月13日(木)、ブラジルの鉱山大手ヴァーレが使用予定の鉱石運搬船「SEA ZHOUSHAN」に、起倒式ローターセイルを5基取り付けたと発表しました。

Large 210518 vloc 01

拡大画像

ローターセイルを搭載した32万5000重量トン型のばら積み船「SEA ZHOUSHAN」。中国の造船所で建造された(画像:ヴァーレ)。

 ローターセイルは、日本語では「円筒帆」とも呼ばれるもので、帆船の帆(セイル)のように風を推進力に返るための装置です。形が筒(ローター)状であることから、そのように呼ばれます。

 原理としては、ボールを投げたり蹴ったりするときに、ボールに強い回転を加えると、その回転方向に引っ張られ、一種の揚力が働くことがあります。その力は「マグヌス効果」と呼ばれますが、それを船の推進力として用いることで、風力を前進する推力に変え、化石燃料の使用を低減させようというものです。

「SEA ZHOUSHAN」は、32万5000重量トン型のばら積み船(バルクキャリア/バルカー)で、いわゆるVLOC(very large ore carrier)と呼ばれる超大型貨物船です。搭載するローターセイルは高さ24m、直系は約2mあり、油圧シリンダーを使って傾けることができるとのこと。

 ノルスパワーによると、VLOCに起倒式ローターセイルが搭載されるのは初であり、今後、燃料消費量の削減および燃料代の低減、排出ガス削減技術の適応性などを実証していくそうです。なおヴァーレが過去チャーターしたVLOCの航路を分析したところ、ローターセイルを用いることで最大8%推進効率が向上し、年間最大3400tのCO2(二酸化炭素)削減が可能と見積もっています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント