運転士が失神 列車はどうなる?

列車を守るEB、デッドマン

 運転席の後ろで前方の風景を眺める「かぶりつき」が好きな方、突然ブザーが鳴って、運転士がボタンなどを操作。しかし何事もなく列車が走り続ける、というよく分からない光景を見たことはありませんか?

 このブザーが、失神などに備えた安全装置なのです。JRでは多くの場合、運転操作を1分以上しないとブザーが鳴ります。そこで運転士が確認ボタンを押す、機器を操作するといった作業を行えばそれで終わりますが、ブザーが鳴って5秒以内にそうした作業が行われなかった場合、列車にブレーキがかかって停止します。

 「かぶりつき」をしていて走行中に「ブー」と聞こえてくるのは、安全装置が「起きてる?」と確認している音で、それに対し運転士がボタンを押したりするのは「起きてるよ」という意味があるのです。この安全装置は「EB装置」などと呼ばれています。「EB」は「Emergency Brake」の略です。

Large 20140719 nanao
EB装置の確認ボタンはごく普通のボタン状のものから、写真のようにメーターの下に横長の棒があって、それを押し込むタイプもある。

 今回の七尾線のケースでは、「ブー」と鳴ったところで運転士が反応しなかったことから、ブレーキが作動し停止したと思われます。

 この「EB装置」、駅間が長く、運転士が操作しない時間も長くなりがちな路線では、よくブザーが鳴っています。そうした路線に乗るときは、ぜひ「かぶりつき」をしてみてください。

 またJR以外の私鉄では、別の安全装置を搭載している例が多いです。よく見られるのは、運転士が握っているハンドルにスイッチが組み込まれており、ハンドルから手を離すとスイッチが反応、列車にブレーキがかかるというものです。

 こちらは「デッドマン装置」と呼ばれます。名前でその装置の目的がよく分かりますが、ちょっと怖いですね。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. オレなら運転室に入ってオレが代わりに運転するがなあ。

  2. 技術的に難しくもないし、値段も高くなさそうだから、
    自動車にもつけて、ゆっくりブレーキをかけて車外に
    非常事態を知らせるようにすれば良いと思う。

    特に、バスやタクシーみたいに旅客を乗せるクルマや
    大型車に装着して、運転手が意識不明なことが車外か
    らもわかるようになれば、周囲のクルマや歩行者が巻
    き込まれる事故を減らせると思う。