フェリーはなじみが薄い? 格安プランでまず「きっかけ」を

フェリーさんふらわあが、関西と九州を最安1万円で往復できる格安プラン「弾丸フェリー」を発売。鉄道会社との連携も行っているほか、値段も一般的には高くなる週末が安くなっています。はたしてどんな目的があるのでしょうか。「フェリーの存在感」が、そこに影響していそうです。

進んでいたフェリー離れ

 国土交通省九州運輸局のデータによると、九州発着の長距離フェリーにおける旅客輸送実績は、2012年度まで11年連続で減少していました。2013年度は12年ぶりに増加へ転じていますが、2002年度の254.8万人に対し2013年度は149.9万人と、およそ10年で約40%も減少。特に近年はLCC(格安航空会社)も発展しています。

150411 danganferry 01
神戸と大分を約11~12時間で結ぶ「さんふらわあ ごーるど」(写真提供:フェリーさんふらわあ)。

 そうしたなか、関西と九州を結ぶフェリーさんふらわあは2011年2月から、「弾丸フェリー」という格安プランを発売しました。大阪・神戸と別府・大分・鹿児島(志布志)間を現地0泊、船中2泊で往復するもので、寝ているあいだに目的地へ移動。日中の約8時間から12時間を観光やビジネスに利用し、寝ているあいだに帰るという形で、往復で最安1万円です。金曜の夜に出発して、日曜の朝には帰ってこられます。ちなみに2015年4月11日現在、神戸~大分間の普通運賃は割引適用が無い場合、カーペット敷きの桟敷席「ツーリスト」で片道10380円です。

 その格安価格と合わせ、「宿泊費が不要」というのもポイントでしょう。フェリーには展望風呂もあります。フェリーさんふらわあによると「弾丸フェリー」は人気を集めており、2014年度は1万8421人がこのプランを利用したそうです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント