日立市に不思議な木 信号機が妖怪化

茨城県日立市にある木と信号機が、まるで「妖怪」「モビルスーツ」のようだと話題になっています。ただこの気になる木、近々見られなくなるかもしれません。

信号機と街路樹が重なって

「妖怪?」「『ガンダム』のモビルスーツ?」


 こんな表現をされるものがいま、Twitterなどネット上で話題になっています。

150605 hitachi 01
茨城県日立市の幸町1丁目付近にある、まるで妖怪のような信号機(謎学研究家、三神たけるさん撮影)。

 そう呼ばれているのは、実は道路の信号機。それ自体は普通の信号機なのですが、木と重なり合って、なんとも奇妙な状態になっているのです。


 この妖怪のような信号機は、総合電機メーカー・日立製作所の創業地である茨城県日立市にあります。


「年に一度、春先から夏にかけて剪定しているのですが、成長が早く、こうなりました」(日立警察署交通課、武藤さん)


 この木は市が管理する街路樹で、昔は小さかったものの、グングン大きくなっているそうです。もちろん、信号の視認性に問題のないことが確認されているからこそ、この状態になっているとのこと。ただ先述の通り年に一度、剪定が行われており、この妖怪のような木についても近々、剪定する予定といいます。


 ちなみに、もうすぐその姿が変わるかもしれないこの木、何の木かというと、クスノキだそうです。


【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント