ドクターイエローが空中浮遊 新幹線唯一の踏切も通過 浜松工場一般公開で

2015年7月25日、JR東海・浜松工場の一般公開イベントで“空中を行くドクターイエロー”が初公開されました。また合わせて「新幹線唯一の踏切」を通過するという珍しいことも行われています。

初公開されたドクターイエローの“空中浮遊”

 2015年7月25日(土)、JR東海は浜松工場(静岡県浜松市)で一般公開イベント「新幹線なるほど発見デー」を開催。「ドクターイエロー」の“空中浮遊”が初めて公開されました。

150725 hamako 01 01
「ドクターイエロー」が空中を移動し始めると、会場からは歓声が上がった(2015年7月25日、恵 知仁撮影)

 浜松工場は新幹線車両の整備などを行う施設で、車体を吊り上げる設備があります。それを使用して例年、その一般公開で全長およそ25mの新幹線車両を吊り上げ、空中を移動させる実演が行われており、高い人気を集めています。

 この「車体上げ・載せ」と呼ばれる実演に今回はじめて、走行しながら線路設備のチェックを行えることから「新幹線のお医者さん」とも呼ばれる923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」が使用されたのです。

 運行スケジュールが公開されておらず、「出会えると幸せになれる」ともいわれる「ドクターイエロー」。ただでさえレアな車両が宙に浮く姿を初めて見られることから、多くの家族連れ、鉄道ファンが朝から会場に訪れていました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント