【今日は何の日?】北海道の国鉄線に電車が走り出す

8月28日、北海道の国鉄線で初めて、電車による営業運転が始められました。

 1968(昭和43)年の8月28日。北海道の国鉄線に初の電化区間が誕生し、北海道の国鉄線で初めて、電車による営業運転が始められました。

国鉄が北海道向けに初めて製作した電車、711系(2012年10月、恵 知仁撮影)。

 このとき電化されたのは函館本線の小樽~滝川間。同時に国鉄初の北海道向け電車711系がデビューし、普通列車や急行「かむい」「さちかぜ」として走りました。

 この北海道初の国鉄電車711系は、2015年3月13日で営業運転を終了。全車両引退しましたが、2両が岩見沢市のファームレストラン「大地のテラス」で保存されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント