2016年春、変化する新宿駅 JR新宿ミライナタワー、トレインビュー広場も

2016年春、新宿駅の甲州街道南側が大きく変わります。

新宿の新たなランドマーク

 2015年9月2日(水)、JR東日本は2016年3月に「JR新宿ミライナタワー」が完成すると発表しました。

 甲州街道の南側、旧新南口駅舎跡地に建設中の複合ビルで、高さは約170m。地上32階建て(建築基準法上は33階)のうち、1階から4階(M2階含み5フロア)が商業施設、5階から32階がオフィスフロアになります。

150902 sinjukueki 01
甲州街道側から見た「JR新宿ミライナタワー」の完成イメージ(画像出典:JR東日本)。

 商業施設が設けられる低層階にはファッションや雑貨、飲食、食品など、およそ50店舗がオープンする予定。オフィスフロアは総貸室面積およそ5万5000平方メートル、基準階面積およそ2100平方メートル(630坪)、天井の高さは3000mmです。

 ビル7階には婦人科、小児科、一般診療に対応したクリニックも開業。「当ビルの就業者のみならず、近隣就業者や来訪者など、どなたでもご利用いただける駅直結で利便性の高いクリニック」(JR東日本)になるといいます。

 また「JR新宿ミライナタワー」の線路上空部には、多目的ホール・スタジオや芝生の広がる屋外広場、保育所などが整備されます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント