前面警戒色を採用 特急「スーパーとかち」のキハ261系1000番台、塗色変更

JR北海道が特急「スーパーとかち」に使用しているキハ261系1000番台について、エクステリアデザインを変更します。

しばらくは新旧デザイン混在も

 JR北海道は2015年9月9日(水)、特急形気動車のキハ261系1000番台についてエクステリアデザインを変更すると発表しました。

150910 kiha261 01
特急形気動車キハ261系1000番台の新エクステリアデザイン(画像出典:JR北海道)。

 キハ261系1000番台は札幌~帯広間の特急「スーパーとかち」に使用されている車両で、既存の35両が対象になります。また今後、老朽化した特急形気動車キハ183系0番台の取り替えで新製するキハ261系1000番台は、新デザインでの登場です。特急「スーパー宗谷」で使われているキハ261系0番台は対象ではありません。

 新デザインへの変更は今年12月から順次実施。2017年度末までには、全車両が新デザインへ統一される予定です。またそれまで、新デザインと旧デザインの車両が編成内で混在します。

新デザインのポイントは?

 新しい車両デザインは、JR北海道の特急形気動車における基本デザインとなっていたブルー基調から、ホワイトを基調にした水平ラインパターンになります。

150910 kiha261 02
特急形気動車キハ261系1000番台の現デザイン(2007年12月、恵 知仁撮影)。

 JR北海道によると、従来のデザインは濃い色の面積が広いことから存在感があり、重く感じるものだったのに対し、新デザインは水平ライン基調のデザインにすることで「伸びやかなイメージ」「雄大な大地」をイメージ。前面にイエローを配置し、視認性を高めた「警戒色」になっているのもポイントです。

 色について、「ホワイト」は北国に降り積もる雪、清らかさ、誠実さを、「パープル」は北海道を代表する花の色(ラベンダー・ライラック)を、「イエロー」は前面警戒色、菜の花畑などをイメージしたといいます。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. キハ261系1000番台が追加導入に伴い、キハ183系0番台が淘汰されるのは残念と思います。完全引退はいつになると思いますか?
    キハ261系1000番台のみ新塗装変更が進行しています。