1両丸々スイートも JR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」、車両デザイン決定

世界的に珍しい“1両1室のみ”のスイート

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のインテリアは、昭和初期に一世を風靡した“アールデコ調”がベース。中国地方5県の県産材を使ったドアや、沿線の伝統工芸品があつらえられています。

 客室内のレイアウトを工夫し、大型窓から左右両側の雄大な車窓を眺望できるのも大きな特徴。さらに「スイート」は1室で1両を丸々使っており、「世界的にも希少」(JR西日本)といいます。

Large 150916 mizukaze 02
オープンキッチンの食堂車では“車内調理のライブ感”を楽しめるという。ラウンジカーにはバーカウンターも(画像提供:JR西日本)。

 そのほか、オープンキッチンを備えた食堂車やバーカウンターを持つラウンジカー、空まで望むことができる開放的な展望車なども備える「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。JR西日本は「列車コンセプト『美しい日本をホテルが走る』にふさわしい車両でみなさまをお待ちしています」とコメントしています。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

この記事の写真一覧

Writer: 末吉史樹

小学校の校庭横をブルートレインが走り、上空をF4「ファントム」が飛ぶ環境で育つ。旅とグルメを愛し、各地の温泉やおいしい食べ物には目がない。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 自社内完結は、乗客不在企画ではないのか?