新幹線で“優等生”転落の北越急行、生き残る道は

北陸新幹線延伸により、在来線特急「はくたか」が廃止され半年。主な収入源を失った北越急行ですが、努力が功を奏し、その普通列車は前年を上回る実績をあげています。しかし、簡単に喜ぶことはできないかもしれません。

収益の9割稼ぐ「はくたか」を失う

 新潟県の第三セクター鉄道、北越急行。同社の置かれた環境は今年2015年3月、北陸新幹線の金沢延伸開業で一変しました。収益の9割を稼いでいた在来線特急「はくたか」が、新幹線開業に伴って廃止されたからです。

151004 hokuetsu 01
今年3月で廃止された在来線特急「はくたか」(2013年8月、恵 知仁撮影)。

 1984(昭和59)年、まだ北陸新幹線の実現が遠かった時代に北越急行は設立されました。目的は、在来線の高速化によって首都圏と北陸地域をより短い時間で結ぶこと。つまり、新幹線を建設するより低コスト、かつ短期間でそれなりに高速な鉄道をつくろうという構想で生まれています。

 こうした経緯から、北越急行のほくほく線(六日町~犀潟間59.5km)は在来線ではトップクラスの規格で建設され、最高速度160km/hでの運転が可能。その速度で走る在来線特急「はくたか」は、“日本一高速な在来線列車”として多くの利用者を集め、北越急行に多くの収益をもたらしました。

 全国各地の第三セクター鉄道はほとんどが赤字で、経営困難な路線を行政が支援する形で設立されています。ところが、北越急行は開業当初から毎年数億円の黒字を出し続け、「三セクの優等生」と呼ぶ声もあったほどです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 特急を走らせてはいけないという決まりって、あるんですかね?

  2. 3セク会社はよく、レストラン列車、ビア電車とか、あの手この手を使ってますので、ほくほく線の夢空電車でやれば、お洒落で星空が見えて綺麗にビールやワインが飲めるのかなぁって

  3. >特急を走らせてはいけないという決まりって、あるんですかね?
    多分決まりはないけど走らせられない。ほくほく線自体は新幹線と接続してないからJR東日本線も使って特急走らせてた。特急車両はJR西日本に面倒見てもらった。その2社は今は北陸新幹線を運行してるのだから、協力してくれないだろう。
    インフラと貯金は他の第三セクターが羨むものだろうから、これを生かして本来の地元民の足を目指して欲しい。
    (その足が130km/hとか160km/hとかで走る単行電車なら話題は呼ぶだろうね。)

  4. 既に検討されているかもしれませんが、糸魚川と浦佐間をほくほく線経由でミニ新幹線でつないで、糸魚川以西は金沢新幹線に、浦佐以北は上越新幹線に連結してはいかがでしょうか?軌道の改修や上越線との接続経路の見直し(東京向きの合流を新潟向きになおす工事)を要すると思いますが、比較的安く「日本海縦貫新幹線」ができるのではないでしょうか?

  5. 生き残る方法は唯一つ、「新潟中央環状線」の早期着工・開通がベストだと思います。

  6. 管理人様こんにちは。件の北越急行新潟中央環状鉄道線ですが、之が全面開業になれば、「白根ジャム工房」「名古屋メシの味噌カツ」で有名な、” くれよん” も縁り近くなります! 今後は、” 超快速 ” にでも乗って是非行きたいものです。只課題が残ると云えば、公務員の労働組合である「自治労」の勢力が強い事でしょうか。ですが、反対運動は起こさせませんので。(激爆)

  7. 管理人様こんにちは。北越急行新潟中央環状鉄道線、「白根中央駅」の側には所謂「道の駅・大凧会館」に併設されますが、更に云えば「大型ショッピングモール=スーパーマルイ白根中央駅店」付近に「映画館」乃至、「新潟ふるさと村」と公営競馬、競輪、オートレース、競艇等の所謂「公営ギャンブル」の場外売り場等が出来れば良いと考えますが如何でしょうか? (激爆)

  8. 管理人様今日は。何度も云う様ですが、是からの南区(旧白根市)の発展には欠かす事は出来ないと思います。例の 「超快速電車・区間快速」が運行されれば(例・白根中央駅乃至jr越後線越後曽根駅・巻駅~jr弥彦線吉田駅、燕駅、燕三条駅、東三条駅間此の路線は区間快速と成ります。)従いまして譬え「赤字路線」に転落したとしても直に元は取り返せると思います。(若しも愚生の方が間違っている場合は是非御一報の程を御願い致します。)