北陸新幹線で消えるちょっと怖い鉄道の名所

来春の北陸新幹線金沢延伸で盛り上がるなか、ちょっと怖い鉄道の「名所」が消えていきます。そのショッキングな風景を動画で撮影してきました。

毎日暴風に見舞われる

 いよいよ来春に迫った北陸新幹線の金沢延伸。2014年11月1日には長野、新潟、富山、石川県の知事が集まり「北陸新幹線沿線知事サミット」が開催されるなど、その日に向けて期待が高まっています。

 しかしその裏で、ある「名所」が消えていきます。新潟県十日町市にある北越急行の美佐島駅です。

 美佐島駅は全長約10kmの赤倉トンネル内に存在。この赤倉トンネルは線路がひと組しかない単線で、断面が狭くなっています。また北越急行を走る特急「はくたか」は、最高速度160km/hで在来線最速です。そうした断面の狭い赤倉トンネルに「はくたか」のような高速列車が突入すると、はたしてどうなるでしょうか。

 この場合、トンネル内部に猛烈な風が発生します。つまりトンネル内にある美佐島駅は、非常に危険なのです。

ホームと通路が頑丈な扉で仕切られている北越急行美佐島駅(2014年8月、恵 知仁撮影)。

 そのため同駅のホームは頑丈なステンレスの扉で仕切られており、停車列車が到着したとき以外、ホームに入れないようになっている、のですが、それでも「はくたか」が高速で通過したときの様子が恐ろしいとして、鉄道ファンのあいだで有名だったりします。

この記事の写真一覧

  • 20141103_misajima
  • 20141103_misajima
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. はくたかが廃止になる前に、一回は行ってみたかった。快速の通過はどうなんでしょう。