『Dragon Night』羽田空港の駅メロディに セカオワ楽曲から厳選 京急

「SEKAI NO OWARI」の『Dragon Night』が、京急の羽田空港国際線ターミナル駅で「駅メロディ」に採用されました。

セカオワの楽曲から厳選して『Dragon Night』

 京浜急行電鉄は2015年10月21日(水)、羽田空港国際線ターミナル駅の開業5周年を記念し、セレモニーを実施。4人組バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」の楽曲『Dragon Night』を、同駅の駅メロディに採用すると発表しました。

 同社によると「SEKAI NO OWARI」は京急空港線の沿線である大田区で活動し、ゆかりを持っていることから、その楽曲より厳選して、『Dragon Night』を駅メロディに採用したといいます。

151021 keikyu 01
京急空港線にゆかりのある「SEKAI NO OWARI」(画像提供:京急電鉄)。

 京急の「駅メロディ」は、ホームで待っている利用者に列車の接近を知らせるため、使われるもの。京急の羽田空港国際線ターミナル駅では、列車が接近すると『Dragon Night』のメロディが流れます。

 またこの日に行われたセレモニーでは、「SEKAI NO OWARI」からメッセージビデオも披露されました。その内容は京急のウェブサイトで年内いっぱい、視聴することができます。

 京急は2015年9月現在、21駅で各駅のイメージやご当地ソングを採用した駅メロディを展開。利用者から好評を得ているといいます。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント