九段下駅発車メロディに「玉ねぎ」採用

武道館最寄りの東京メトロ東西線九段下駅。同駅周辺を舞台にした爆風スランプの曲が、その発車メロディになります。

サンプラザ中野くんの出演も

 2015年3月25日(水)、武道館の最寄りである東京メトロ東西線九段下駅の発車メロディが、爆風スランプ「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い~」(作詞:サンプラザ中野/作曲:嶋田陽一)になることが分かりました。1989(平成元)年に発売された、同駅から武道館までの坂道が歌詞に盛り込まれている曲です。

東京メトロ東西線と音楽プロデューサーの向谷実さん(画像:音楽館)。

 株式会社音楽館は同日、東西線の発車メロディ全てが音楽プロデューサー、向谷実さんの作曲、編曲になることを発表。そのなかで明らかにされました。向谷実さんは「カシオペア」のキーボーディストとしてデビューし、九州新幹線の発車メロディなども手がけている人物。導入される東西線の発車メロディは各駅で曲が異なるものの、進行方向へ聴きつないでいくと1曲になるよう製作されているといいます。

 またこれに先立って、「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い~」のオリジナル曲を歌うサンプラザ中野くんらが集結。東西線発車メロディのアレンジ曲を録音する様子を3月31日(火)と4月1日(水)の2日間、ニコニコ生放送で配信するほか、CDとして音楽館レーベルから発売するそうです。

 ちなみに日本橋駅の発車メロディには、民謡「お江戸日本橋」が採用されました。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150325_touzaisen_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 写真は「向谷さんとサンプラザ中野さん」だと思うが。

    東西線なんか写ってないやん。