ワインで世界有数の射撃能力を証明 陸自10式戦車

陸上自衛隊の最新式戦車10式が、ワインを使って高い射撃能力を証明しました。いったいなぜワインで、射撃能力の高さが分かるのでしょうか。

激しく動いてもこぼれなかったワイン

 2015年10月10日(土)、陸上自衛隊の土浦駐屯地 武器学校(茨城県)で行われた一般公開イベントに、最新鋭の10式戦車が登場。ある驚きのパフォーマンスを披露しました。

151024 hitomaru 01
激しく動いてもワインをこぼさなかった10式戦車。写真はイベント前日の予行練習時に撮影(写真提供:陸上自衛隊 土浦駐屯地 武器学校)。

 この日、10式戦車が姿を現すと、隊員が主砲の先端にグラスを乗せ、赤ワインを注ぎます。その状態で10式戦車は、車体を様々な方向へ傾斜。さらにその場で旋回するなど、次々に姿勢を変化させました。

 しかし、主砲の砲身は一定方向を指し続けて微動だにせず、1滴も、ワインがグラスからこぼれなかったのです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. わざわざワインでアピールしたってことは、「輸出」への「デモンストレーション」だな、絶対に。国内だけなら「日本酒」とか「ビール」ですますはずだし。

  2. なんか、冗談みたいに物凄い技術だな。