大船渡線BRTに6つ目の新駅 鉄道での本復旧は困難か

JR東日本は、大船渡線BRTで6つ目の新駅開業とダイヤ改正を発表。BRTの利便性向上が進む一方で、鉄道での本復旧は困難なようです。

渡線BRTで6目の新駅誕生

 JR東日本は2015年10月29日(木)、大船渡線BRTにおいて12月5日(土)に大船渡魚市場前駅を新規開設し、合わせてダイヤ改正を行うことを発表しました。

「BRT」は「バス高速輸送システム(バス・ラピッド・トランジット)」のことです。JR大船渡線は、2011年の東日本大震災で被災。その線路は、再びレールを敷設するのではなく、舗装してバス専用道にする「大船渡線BRT」として仮復旧されています。

新たに開業する大船渡魚市場前駅のイメージ(画像出典:JR東日本)。

 新規開設される大船渡魚市場前駅には、バス専用道上に乗降場とホーム屋根、ベンチを整備。運行状況を確認できるモニターも設置されます。同駅はBRTによる大船渡線の仮復旧後、6つ目の新駅です。

 運行ダイヤは、沿線にある高田高校、大船渡高校からの帰宅時間帯で利用しやすいように改正。一部で使用されていた観光型バスが一般型バスに変更されるなど、利便性の向上が図られます。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. JRは民間企業のため利用者が見込めない上、黒字化出来ない事がわかっていて、
    多額の費用をかけてまで復旧させるわけが無い。
    大船渡線を買い取り自治体が復旧させるしか無い。

  2. 「鉄道と比べると輸送力が劣る」とあるが、混雑率はどうなのか?慢性的に立ち客が出るほど混雑しているのか?バスなら便数を増やすことも容易。乗り換えも改善は可能だろう。断念するくらいだからBRTでも充分だと思うが。。。