近鉄のスズメバチ見納めへ 特急を全面リニューアル

近鉄が特急サービスの全面リニューアルを発表。鉄道ファンから「スズメバチ」と呼ばれる車両が近い将来、見納めになりそうです。

ビジネス利便性、プレミアム感の向上が図られる名阪特急

 2015年11月12日(木)、近鉄は特急サービスのあり方を全面的に見直すことを明らかにしました。

 大阪と名古屋を結び、ビジネスや観光などで利用されている「名阪特急」については、1人用個室の導入などによる「プレミアム感の演出」、Wi-Fiや大型テーブル、コンセントなど「ビジネス向け各種設備の充実」、「プライベート感の向上」などが行われる予定です。近鉄によると現在、車内の「次世代特急プロジェクトチーム」が検討を進めているといいます。

 大阪・京都・名古屋と伊勢志摩を結び、ファミリー層や女性グループなどに利用されている「伊勢特急」については、「グループで楽しく過ごしていただける座席配置」「展望性にも配慮した客室構成」「映像コンテンツ配信など長時間車内でお楽しみいただける設備の充実」などが図られます。伊勢特急では2013年に観光特急「しまかぜ」が投入され、「伊勢志摩ライナー」のリニューアルも行われていますが、近鉄によると今後も伊勢特急の充実について、検討を予定しているそうです。

 名阪特急、伊勢特急、南大阪・吉野線の「さくらライナー」を除く、各線で通勤や観光など様々に利用されている「汎用特急」については、外観の変更といったリニューアルが行われます。

鉄道ファンから「スズメバチ」と呼ばれる近鉄の汎用特急車22600系(写真出典:photolibrary)。

 そしてこれにより、近鉄の「スズメバチ」も見納めになりそうです。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. この22000系は元々は21000系方式の設計で内装の老朽化はあまり目立たない形式なので、むしろコストがかかり定員が減る喫煙室設置を行うぐらいなら全面的な禁煙に踏み切る方が理想的で、清掃面や空調面のコストが減るし、喫煙車がガラ空きで禁煙車が満席といった現象を解消出来る。そもそも近鉄特急は22600系を投入しても喫煙室付き車両の増結位置を3号車や7号車に振り替えてしまい、結局4・6・8・10両編成の内喫煙車が1(2)両で禁煙車が3(4・6・8)両という現象が頻繁に生じていた。故に「現在の分煙化から程遠い鉄道会社」と称しても何らおかしくない。それに塗装変更だが、阪急沿線の事情と近鉄沿線の事情はまるで違うにしても、近鉄のこれは一般アンケートを実施したという形跡がないし、「皆が乗れる近鉄特急=橙と紺」のイメージで多く親しまれている事実と伝統を変えるというのは斬新である一方で一歩間違えば利用客の反発を招く可能性も孕んでる。それほど車体のカラーリングというのは侮れない問題なのだ。そして車内設備こそ「しまかぜ」「伊勢志摩ライナー」の実績や一般からの意見orクレームを反映させたのだろうが、それは「しまかぜ」だから成り立つサービスであり、他の一般特急車両のイメージを変えると述べるならまずは沿線利用客の劣悪なマナーを正すことから取り掛かるべき。現に伊勢方面を結ぶ特急・急行は中年以降の観光客が定員以上の座席を陣取り車内で酒盛りを敢行する場面がとかく多いし、名古屋地区に関してはJR東海快速みえ対策による急行のクロスシートが災いして学生や家族連れなどの座席マナーが他線区よりも悪い。沿線在住で頻繁に長距離を移動する私の目から見れば、残念ながら現在の近鉄では特急や一般列車共に、無駄に金を毟り取り、臭く汚い、利用客の一部に不心得者がいる、古い車両が大多数という負のイメージが確立されてしまっている。

  2. いま、奈良行きの特急に乗ってますが

    ドブ臭いです

  3. この特急京都線橿原線南大阪線の特急電車によく使用されている南大阪線の阿部野橋から二両編成で橿原神宮まで運転そしてその駅で吉野から二両編成同じような車両を連結して橿原神宮から吉野に向け発車する電車だが二両編成でも二両共に車内が全然違っているカラフルな状態

  4. 1人用個室は大歓迎!東海道新幹線にもあったが、利用したいと思ううちになくなってしまった。

  5. 阪急や京阪の特急料金を取らない車両に乗ると、その綺麗さ、高級感、座り心地に感動するのに、特急料金を取っている近鉄に乗ると車両が汚いし古いモノが多い。車齢40年以上のものも珍しくなく、近鉄はあまりにも車両の物持ちが良すぎ。近鉄は阪急や京阪のような大都市近郊の営業と経営環境が違うのである程度の理解はできる。が、「しまかぜ」のような高級路線を進めるのも悪くはないが、従来の高い特急料金を乗客が払っても満足できるキレイで新しい車両に更新することを願う。

  6. 名阪特急に個室は朗報ですね、個人としては12200系?の昭和の雰囲気が好きですね、因みに最新のACEなどとの併用編成では意図して歴代車両を号車とシートマップから割り出して乗っています、しまかぜも華やかで良いのですが、何せチケットが入手しにくいのと偶然にも入手できた場合でも、その日取りで旅行のスケジュールを組むなど現段階では移動手段としてはスケジュールに柔軟に選択しにくい列車ですので乗れたらラッキー程度に数回乗車した程度です、中にはペアで最前列展望席も乗車した時もありましたが、これも仕事で別の列車を検索する中で見つけた偶然の空席にて、狙って入手なんて私には到底無理な話で記念にチケットレス画面を保存している程度です、やはり旅の友としても通常特急を利用しながら歴代特急を楽しんでおります、ビスタや伊勢志摩ライナーや他の名阪特急のように狙って入手しにくい、しまかぜですが、編成が3つ存在することすら最近知った次第で偶然に入手できたペア席の編成が3つ目に落成されたSV03であったことから名前をSV03としました。京都から伊勢市まで乗車したことから京都発着の固定運用と思ったら各々の編成が京都、名古屋、難波発着の運用に入るとか?後々に知らされる複雑な運用に驚くばかりです、

  7. 近畿日本鉄道の全線を扱われているこの特急電車の車両京都線橿原線大阪線南大阪線名古屋線ほとんど乗車したしまかぜはちょうどよい時刻に京都線京都駅を発車するために一度でも乗車したい

  8. 京都線のばあい朝方橿原神宮前行きと奈良行きの特急電車がホームで発車待ちをしている同じ車両で前4両橿原神宮前行き後ろ4両奈良行き大和西大寺で切り離し何やってんだよホームから飛び降りるなよ頭あほとちがうプールじゃないんだから

  9. コンセント付きのリニューアル車に乗ったがせっかくコンセント付けるなら前席の背もたれの所ではなく自席の肘掛けの所にしてくれれば良かったのに。

    今の位置だと向かい合わせにした時使えないのはもちろん通路側の人が使っているとき窓側の人は出入りが塞がれ、出入りをする場合通路側の人に一旦コンセントを抜いて道を空けてもらわなければならない状態にあり双方ともに煩わしいです。

  10. 近鉄は「特急車両には金をつぎ込むが、普通車は古いガタガタのまま」というイメージがこびりついて離れない。6~7年に一度乗るかどうかだが、京都駅や鶴橋駅等で見る車両はこのイメージしかない。
    それから近鉄の警笛音だ。いつ聴いても笑いが込み上げてくる。仮面ライダーに出てくるショッカーが年老いて叫んでいる見たいで、10年ほど前に東京から来た友人が飲みかけていたジュースを吐き出して笑い転げていたのを思い出す。
    車両塗装も中途半端な印象を拭えない。特急車両にばかり金をかけずに、もっと通勤車両にも金を出して改良、新造してはと提案したい。とにかく、近鉄は日本一のダサ鉄に見えて仕方がない。

  11. 特急料金収入増目的の営業戦略が見え隠れしますね(近鉄に限らず同じく有料特急を運行する東武鉄道、小田急電鉄にも当てはまるが)