【今日は何の日?】北海道初の鉄道が開業

11月28日、北海道発の鉄道が開業しました。

 1880(明治13)年の11月28日。北海道初の鉄道が開業しました。幌内炭鉱(三笠市)の石炭を搬出するため建設された、官営幌内鉄道です。

 ただ、このとき開業したのは、港のある小樽市内の手宮駅と札幌駅のあいだ。2年後の1882(明治15)年に手宮~幌内間91.2kmが全線開業し、幌内産石炭の輸送が始まります。

151128 horonai 01
官営幌内鉄道が導入したアメリカ製の蒸気機関車。この6番の車両は静御前にちなみ「しづか」と命名されている(2007年12月、恵 知仁撮影)。

 1872(明治5)年に新橋~横浜間で開業した日本初の鉄道はイギリス式で建設されましたが、幌内鉄道はアメリカ式で建設されているのが特徴のひとつ。導入されたアメリカ製の蒸気機関車は前面に「カウキャッチャー」を備え、アメリカの西部劇に出てきそうなスタイルをしていました。

 この北海道初の鉄道であった幌内鉄道のうち、手宮~南小樽間の“手宮線”は1985(昭和60)年に、岩見沢~幌内(幾春別)間の“幌内線”は1987(昭和62)年にその使命を終え、廃止されています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント