【今日は何の日?】名松線が全線開業、ただし志半ば

12月5日、現在の名松線が全線開業しましたが、志半ばの全線開業です。

 1935(昭和10)年の12月5日。三重県内を走る現在のJR東海・名松線(松阪~伊勢奥津)が全線開業しました。家城~伊勢奥津間17.7kmの延伸によるものです。

名松線の終点、伊勢奥津。伊勢本街道の宿場町で、駅周辺にそうした風情が残っている(2007年10月、恵 知仁撮影)。

 ただ名松線は2009(平成21)年10月、台風による豪雨で被災。現在も、このとき延伸した家城~伊勢奥津間が不通になっており、全線開業する直前の状態に戻ってしまいました。

 名松線では現在、復旧作業が進められており、2016年には再び列車が終点の伊勢奥津駅まで走り出す予定です。

 ちなみに名松線は本来、伊勢奥津駅を終点にするつもりはなく、松阪から同じ三重県内の名張へ到達する予定だったため、名前が「名松」になっています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 本記事はおそらく昨年書かれた内容かと思いますが、記事にも「2016年には再び列車が終点の伊勢奥津駅まで走り出す予定」とありますように2016年3月26日に復旧しておりますので、修正が必要ではないでしょうか?