世界一周中止で好影響? 2016年の日本クルーズ

中国をはじめ東アジアのクルーズ市場が急成長しており、2016年、日本にもその余波が押し寄せようとしています。また、日本船の世界一周中止が思わぬ好影響をもたらすこともあるようです。

世界2位のクルーズ市場に急成長した東アジア

 2013年は年間50万人以下だった東アジアのクルーズ人口。この1~2年で一気に年間200万人を突き抜け、世界第2のクルーズ市場となる勢いを見せています。

 そのため2016年、東アジアのクルーズ市場は世界のメガキャリアによる競争の主戦場になりそうです。中国には2016年から2017年に向けて、欧米船社が大挙して参入。その余波を買って日本での集客に力を入れる船会社が出て来ました。

160102 cruise 01
左上から時計回りに「クイーンメリーII」「飛鳥II」「ダイヤモンド・プリンセス」。

 各社の計画が出そろった、2016年の日本クルーズ市場を展望してみましょう。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント