世界初、787の運航10万便達成 就航約4年で ANA

2011年に初の営業運航を行ったボーイング787「ドリームライナー」。ANAが世界で初めて、それを使った10万便の運航を達成しました。

1号機が納入されたANA

 2016年1月11日(月)、全日空(ANA)とボーイングはANAのボーイング787「ドリームライナー」による運航が10万便に達したことを記念し、米・シアトル空港でセレモニーを実施しました。同機種による運航10万便の達成は、ANAが世界初といいます。

160113 ana 01
ANAによるボーイング787「ドリームライナー」の運航10万便を記念し、シアトルでセレモニーが開催された(写真出典:ANA)。

「787ドリームライナーは、特にANAの国際線ネットワークにおいて重要な役割を果たしている機材です。10万便達成という節目を迎えたことは、ANAにとっても大きな意味を持ちます」(ANA、篠辺 修社長)

 ボーイング787は高い燃料効率性を備え、中型機ながら大型機並みの航続距離を備えているのが大きな特徴。ANAはこの787のローンチカスタマー、簡単にいえば航空機の新規開発を支える航空会社で、787の1号機はANAに納入されました。そして2011年10月、ANAは成田から香港へ、787を使用した世界初の商業運航を実施しています。

 787は現在までに全世界で350以上の路線へ就航し、7500万人以上が搭乗。ANAによる「10万便」という787運航回数は、全世界の787運航便数の4分の1以上を占めているそうです。

 ANAでは現在、787-8型機と787-9型機を合わせて44機運航。世界最大の787運航エアラインであり、さらに39機の787シリーズを発注しています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント