【今日は何の日?】常磐線で最初の区間が開業 ただ水戸線の形で

1月16日、常磐線で最初の区間が開業しました。

 1889(明治22)年の1月16日。太平洋側を経由して東京都の日暮里駅と宮城県の岩沼駅を結ぶJR東日本・常磐線のうち、最初の区間が開業しました。茨城県内、現在の友部~水戸間です。

 この日、栃木県の小山駅と水戸駅を結ぶ水戸鉄道が開業。まずその一部として、いまの常磐線は走り始めました。

 このため常磐線は、小山駅と水戸駅方面を結ぶ現在のJR東日本・水戸線の運行系統から始まったことになります(水戸線の正式な区間は小山~友部間)。

160116 jyoban 01
小山駅と水戸駅方面を結ぶ水戸線。その形から常磐線は始まった(2013年12月、恵 知仁撮影)。

 こののち常磐線は、1898(明治31)年8月23日に東京都の田端駅と岩沼駅のあいだが結ばれ、1905(明治38)年4月1日に日暮里~三河島間が開通。現在の形になります。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント