桃太郎線で桃太郎ラッピング列車を運行 JR西日本

沿線に桃太郎伝説がある岡山県の吉備線に、路線愛称とそのラッピング列車が導入されます。

異なる2種類の作風で「桃太郎伝説」を

 JR西日本岡山支社は2016年1月28日(木)、「桃太郎」にまつわる伝説や史跡が沿線に多い吉備線(岡山~総社、20.4km)で、3月26日(土)から「桃太郎伝説」をイメージしたラッピング列車を運行すると発表しました。

160128 jrwest 02 01
吉備線で3月末から運行される桃太郎伝説をイメージしたラッピング列車(画像出典:JR西日本岡山支社)。

 ラッピング列車はキハ40系ディーゼルカーを2両使用。「桃太郎伝説」をおとぎ話風の作画で描いたデザインと、伝説のモチーフになったとされる「温羅伝説」の世界を漫画家の出口竜正さんが描き下ろしたデザインが採用されます。

 車内には「吉備津神社」「鬼ノ城」など、伝説ゆかりの史跡を紹介する吊り広告や観光マップが掲出される予定です。

 また吉備線では同じく3月26日(土)から、「桃太郎線」という路線愛称を導入。JR西日本岡山支社は、「国内外からますます多くのお客様に桃太郎ゆかりの地を訪れていただきたく、観光PRの取り組みを進めていきます」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 倉木麻衣さんへ健在なときに国民栄誉賞受賞してほしい!