シートベルト無しは危険度14倍 バス事業者に緊急対策要請 軽井沢事故受け 国交省

41人が死傷した「軽井沢スキーバス事故」を受け、国土交通省は緊急対策をバス事業者に要請しました。

シートベルトで約14倍も変わる「命の危険度」

 国土交通省は2016年2月3日(水)、「軽井沢スキーバス事故」を受けバス輸送の安全確保の徹底を図り、安全・安心の回復を図るため、バス事業者へ緊急対策を要請したと発表しました。

シートベルト着用の有無で大きく変わる「命の危険」。写真はイメージ(写真出典:photolibrary)。

 まず「貸切バスにおけるシートベルト着用の徹底」です。大型バスの客席ではシートベルト着用が依然として徹底されていないことから、同省は「シートベルトを常時使用できる状態にしておくこと」「座席ポケットに着用を促すリーフレットを備え付けるなど着用の注意喚起を行うこと」「発車前に乗客のシートベルト着用状況を目視などにより確認すること」「車内放送などで乗客へシートベルト着用を促すこと」について徹底するよう、貸切バス事業者に求めています。

 2014年の「交通事故統計」によると、シートベルトを着用しない場合は高速道路で約9倍、一般道路を含めると約14倍、「命の危険性が高まる」といいます。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. シートベルト着用したらリクライニングさせられないのかな?
    それとも、リクライニングさせてもシートベルト有効なのかな?

    特に3点式のベルトでリクライニングさせると、首にベルトが絡まりそうでちょっと怖いかも。

    • 専門家ではありませんが、シートベルトは座席に乗員の身体を固定すること(つまり、ベルト・身体・シートバックが密着していること)が目的の道具ですから、リクライニングさせてベルトと体のあいだに空間ができると危険といわれています。

      乗用車の運転席を例にとると、シートバックが適切な角度に直立していない(=リクラインさせた)状態で前方衝突すると(1)斜めベルトで鎖骨を折るリスク (2)展開直後のエアバッグに顔面が衝突するリスク (3)前揺れの反動の後ろ揺れでヘッドレストに衝突し頚椎を傷めるリスク(4)横ベルトで骨盤が固定されにくく腰が前方に滑り横ベルトで内蔵を圧迫されるリスク、等があると記憶しています。

      真面目に衝突時の安全確保を考えるなら航空機の離着陸姿勢を参考にするしかありませんので、私自身が高速/観光バスに乗るときには、横ベルトと骨盤の位置をあわせておくことだけは意識しています。

    • 記事内の写真見た限り、シートバックから肩ベルト出てるからリクライニング可能ではある。けどかりぶらさん言うとおりで、倒した場合腰ベルトが骨盤から抜けやすくなり、安全性さがる。

      競技用車には股とか腿で抜けを防ぐ5点式とか6点式とかのシートベルトもあったはず。

  2. 昔昼行の高速路線バス乗ってた時、シートベルト付いてる時は必ず締めてた。2点式の自分で締め込むやつの頃から。

    眠る前提の夜行バスの場合は、シートベルトのジャマさ加減あがるし、逆に効果は薄れるし、乗員も強制しづらいかとも思う。規則で決まってるからベルトしろ!では、限度がある。

    乗客が「自分の命のために」とどれだけ思えるかが、バスに限らずシートベルト装着率アップのカギだろう。(日本人は自分の身は自分で守る意識薄いような気がする)

    • そういえば、シートバック倒した状態でのシートベルト装着有/無の安全性比較は見たことがない。倒す前提のシートを設けた高速バスが増えているのだから、どこかで誰かが調べてないとおかしい。