「お客さまのなかにお医者さまは」不要 医師登録制度開始 JAL

JALと日本医師会が医師の登録制度を始めます。機内での急病人発生時、迅速な対応を行うのが目的です。

直接、乗り合わせた医師へ

 JAL(日本航空)は2016年2月3日(水)、医師の登録制度(「JAL DOCTOR 登録制度」)を2月より開始すると発表しました。

 機内で急病人が発生した際にアナウンスで乗客から医師を探すのではなく、乗り合わせた事前登録済みの医師へ客室乗務員が直接声を掛け、いち早く応急措置を行えるようにするものです。

 JALによると、国内の航空会社では初の取り組みで、日本医師会が「国民の健康を守り、安心・安全な航空客輸送をサポートすることを目的」に、JALへ登録制度の構築を提案したといいます。

日本医師会の医師資格証を持つJALマイレージバンク会員が対象(画像出典:JAL)。

 またJALはこれまで、「ドクターコール」へ応じた医療従事者の賠償責任を担保する保険への加入、世界中どこを飛行していても機内から救急科専門医の助言を得られる体制の構築、「AED」や血中酸素飽和度を測定する「パルスオキシメーター」の搭載といった、航空機内の救急医療支援体制を整えてきたとのこと。同社と日本医師会は、今後も「機内での救急医療体制の質を高め、お客さまに安心して空の旅をお楽しみいただけるよう、さまざまな取り組みにチャレンジしてまいります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント