陸の孤島返上へ 動く外環ノ2計画

いわゆる外環道の東京区間でいま、様々な計画が動き出しています。「東京オリンピック」までの完成が目指されている、大深度地下を走る高速道路の外環道。そして地上を行く「外環ノ2」です。

オリンピックまでは無理?

 2015年12月25日、国土交通省関東地方整備局など関係各機関は、建設中の東京外かく環状道路(いわゆる外環道東京区間、東名JCT~大泉JCT)について事業連絡調整会議を行い、建設の進捗状況に関し具体的な内容を公開しました。

 それによると2015年11月末時点で、用地所得率は面積ベースで63%。3つのJCT部において本体工事に着手済み、となっています。

東京都大田区と千葉県市川市を結ぶ、全長およそ85kmの東京外かく環状道路(画像出典:国土交通省関東地方整備局)。

 外環道東京区間は、用地補償の必要がない大深度地下トンネル方式(地下40メートル以深)によって建設が進んでいますが、地上に出るJCT周辺では用地買収の必要があり、また地下40メートルより浅いトンネル部も、区分地上権(地下を通る権利)を取得する必要があります。

 この外環道東京区間は、2020年の「東京オリンピック」までに開通することが目標です。そしてこれに間に合わせるためには、大泉JCT部の用地買収部については2016年度半ば、東名JCT部の用地買収部については2017年度半ば、すべての区分地上権部についても2017年度半ばまでの取得が必要と、公開された資料に記されています。

 しかし「2016年度半ば」といえば、あと半年ほどしかありません。大泉JCT部の用地取得率(面積ベース)は、用地買収が92%、区分地上権は36%です。これを残り半年および1年半でそれぞれ100%に持って行くのは、これまでの例から考えると到底不可能でしょう。

 また、工事そのものも例のない大深度かつ大断面の地下シールドトンネル掘削工事ですから、すべてが予定通りに進むには、神業以上の僥倖が必要と思われます。

 地元在住のいちドライバーとしては、目標通りの開通を熱望していますが、完成は、きわめて順調に行って10年後。2025年度あたりになるのではないでしょうか。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 外環ノ2について練馬区間は生活道路に性格を変えても大泉ICに着ける道ができる、というのはまあまあありがたいことではあります。

    ただ「練馬区は…現場周辺も都市計画が存在しないまま宅地化され…」の表現には異議あり。練馬区西部の外環ノ2と並行するだけでも補助135号(15m、大泉学園駅前で終わっている大きな地下道)とか、補助230号など他の区と同様に都市計画道路は、やたらと策定だけはされています。計画が存在しないのではなく、計画は役人が戦後間もなく地図上に縦横に描いたものの、いつどのように実現するか、予算のあてもないままに今まで何十年も過ぎてきた、のがスプロールを招いたということだと思います。(板橋に近い側は大分かたちが見えてきた気はしますが。)

    それから、「西武新宿線の上石神井駅前には、現道を活用した細長いロータリー部もできます。完成すれば、近隣の住環境は大きく向上するでしょう。」…これは疑問に思います。駅の南北にある、地元密着の商店街、夜は電車を降りた人を癒してくれる居酒屋達。地味だけど個人が頑張ってる商店街を見て歩く楽しみがなくなってしまいそうです。