新年度の定期券売り場、混雑緩和なるか 東京メトロ、新サービス開始

例年、新年度のはじめは、特に新規の通学定期券は券売機で購入できないことなどから、定期券売り場が混雑します。その緩和に繋がるサービスを東京メトロが開始します。

新規通学定期券も券売機で購入可能に

 東京メトロは2016年2月26日(金)、「定期券Web予約サービス」を開始すると発表しました。

 あらかじめ、パソコンやスマートフォンなどからウェブ上で購入経路や必要な情報を入力。東京メトロの各駅(一部除く)に設置されているピンク色の多機能券売機で、新規定期券をスムーズに購入できるようにするものです。

 また通学定期券の新規購入について、通学証明書などの確認が必要なことから、これまで多機能券売機での発売は行われていませんでした。しかし今後、専用ウェブサイトから予約を行った場合に限り、東京メトロの各駅改札口・駅事務室の係員が通学証明書などを確認したのち、多機能券売機で購入できるようになります。

 これにより、通学定期券を新規購入する場合でも一部の駅だけにある定期券売り場へ行くことなく、各駅(一部除く)に設置されている多機能券売機でそれを購入可能になる形です。

160227 metro 01
ウェブ予約により、ピンクの多機能券売機で通勤定期券はもちろん、新規の通学定期券も購入可能に(画像出典:東京メトロ)。

 こうした「定期券Web予約サービス」の開始は3月12日(土)の5時からで、対象の定期券は新規大人通勤定期券、新規大人通学定期券、新規全線定期券。磁気定期券、もしくはPASMO定期券を選択できます。

 購入の予約は東京メトロの専用ウェブサイトで、その定期券の有効開始1ヶ月前から有効開始当日まで、また購入は有効開始14日前から有効開始当日まですることができます。

 東京メトロは「新年度の定期券購入シーズンは、例年各定期券うりばの混雑等によりご不便・ご迷惑をおかけしておりますが、便利な定期券Web予約サービスをぜひご利用いただき、春からの新生活をお迎えください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント