出発式に松本さんやメーテルさん 山陽新幹線5駅、発車予告音『999』に

山陽新幹線の5駅で、発車予告音がアニメ映画『銀河鉄道999』の主題歌になりました。記念式典には原作者の松本零士さん、またメーテルさんらが出席。その曲が流れるなか、列車の見送りが行われました。

全線開業40周年のフィナーレとして

 JR西日本が2016年3月9日(水)、山陽新幹線の小倉駅(福岡県北九州市)で「山陽新幹線“銀河鉄道999”で発車! 記念出発式」を開催しました。

 1975(昭和50)年3月10日に、新大阪~博多間の全線が開業した山陽新幹線。JR西日本は、2015年2月から「40周年キャンペーン」を実施しています。

 このキャンペーンの“グランドフィナーレ”としてJR西日本は2016年3月9日(水)、山陽新幹線の5駅で使用する「発車予告音」に、アニメ映画『銀河鉄道999』の主題歌(ゴダイゴ『銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)』)を導入。それを記念した出発式を小倉駅で行いました。

160309 999 01
松本零士さんやタケカワユキヒデさん、メーテルさんが出席して行われた出発式(写真出典:JR西日本)。

 式典には『銀河鉄道999』の原作者である松本零士さんや、作曲者のタケカワユキヒデさんのほか、同作のヒロインであるメーテルさんも「北九州市漫画ミュージアム」より出席。タケカワユキヒデさんが指揮し、小倉南高校吹奏楽部がその曲を演奏するなか、列車が見送りが行われました。

『銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)』の発車予告音が導入される山陽新幹線の駅は、新神戸・岡山・広島・小倉・博多の5駅です(博多駅は3月10日からの導入)。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント