復興支援の伊豆大島宿泊・ツアー代金割引 2016年度も実施 東京都

豪雨災害に見舞われた伊豆大島の復興を促す施策が、2016年度も実施されることになりました。1人1泊3000円引などの割引が個人でも受けられます。

2013年10月に発生した豪雨災害

 東京都と東京観光財団は2016年3月10日(木)、伊豆大島における「宿泊費用の割引」と「伊豆大島・復興応援ツアー」を、2016年度も引き続き実施すると発表しました。

160311 ohshima 01
伊豆大島までは東京から高速ジェット船で2時間程度、飛行機は25分で行くことができる(写真出典:東京都)。

 伊豆大島では2013年10月、豪雨災害で大きな被害が発生しました。東京都は、本格的な復興に向けて多くの人に同島を訪問してもらうことを促す施策として、2014年度から「伊豆大島観光復興支援事業」を継続して実施しています。

「宿泊費用の割引」は伊豆大島のホテル、旅館、民宿に個人で宿泊する際の費用を一部割り引くものです。宿泊前に大島観光協会へ自分で申請して「宿泊割引券」を入手し、宿泊施設に提出し現地で決済します。割引額は1人1泊3000円で、1回の旅行につき2泊までです。

「伊豆大島・復興応援ツアー」は、旅行代理店が企画するパッケージツアー。所定の旅行事業者によるツアーを利用する際に割り引かれるもので、標準的な割引額は1泊2日で6000~8000円です。

 対象期間は2016年4月1日(金)から2017年3月31日(金)までの宿泊分ですが、利用状況によっては期限前までに終了する場合もあるとのこと。「宿泊費用の割引」と「伊豆大島・復興応援ツアー」の併用はできません。

 東京都は「この機会に家族旅行等の個人旅行やスポーツ合宿、親睦会等での団体旅行等で、伊豆大島を訪れてみませんか」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント